カテゴリ:未分類( 27 )


2012年 02月 29日

移民局へ行きました。

毎回いかにも不味そうな日本食もどきの紹介ばかりしてるのも余りに芸がありませんので、今回は少しリマの話でもしてみようかと思います。

今日のことです。ビザ更新手続のため日本の入国管理局にあたる移民局へ行ってきました。私は自動車を持ってません。ですから、時どきタクシーに乗ることもありますが、移動にはなるべくバスを使うようにしています。

e0059951_7564266.jpg


リマでは今でも年代物のボンネットバスが現役で走ってます。近代的なビルの間をゆらゆらと縫って走るその姿はまるで幻影のようです。バス料金はだいたい日本でいうところの100円玉をひとつ払うような感じです。運賃はバスの中に必ず一人いる車掌によって徴収されます。混んだ車内でどれだけ隅の座席に隠れていようと目ざとく私を見付け出して運賃を徴収していきます。

e0059951_757622.jpg


バスの車内では運転手が自分の好みの音楽を大音量で鳴らしていたりします。大抵は、軽快で少し狂おしいリズムのサルサだったりするんですが、そんな気ままさも、私のバスが好きな理由の一つです。第一の理由は、もちろんタクシー代がもったいないからです。以前のバスは自分の好きな場所で乗降できましたが、最近では、良く分かりませんが一応「バス停」と指定されている場所でしか乗降が出来なくなってしまい、バスの使い勝手が悪くなり、その分気ままさが低減しました。

e0059951_7571955.jpg


どこの国でも同じだと思いますが、役所の手続きほど疲れるものはありません。もちろんペルーも同様です。しかし悪いことに、ここペルーでは、マニュアル化している筈の手続きに、担当者の主観や個性が入り込むことが往々にしてあるものですから、一週間で済むはずの手続きが、すったもんだしたあげく一ヶ月かかってしまうことが良くあり、そういうことに腹を立てていたらペルーや他のラテン国家には住めないです。

e0059951_7573138.jpg


移民局の周辺にはコピー屋、旅行代理店等、手続きをする旅行者や移住者に必要な店が集結しています。そして、それら店舗の外では、ボールペンの束を握り締めパスポートケースを小脇に抱えたおばちゃんが客を争って走り回り、また、それら商品を地べたに並べたおっさんが出入口の周辺を陣取っています。いかにもたくましい姿ですが、こういう人達がいったいどうやってただでさえ物価の高いリマで生計を維持しているのか、私には不思議でなりません。この摩訶不思議さについては折に触れて書いてみたいと思います。

今回も「何を作って食べたか」と何の変りない「何処へ行ったか」を書いただけの、相変わらずどうでも良い話でした。
[PR]

by mollendo | 2012-02-29 07:28
2011年 01月 29日

タンドリーチキン

タンドリーチキンを作ってみました。スパイス類とカレー粉は過去にチキンカレーを作ったときのものをそのまま使用しました。すでに賞味期限が切れてますが、生ものじゃあるまいし、まったく気にしません。鶏肉とヨーグルトのみ近所のスーパーで買いました。

e0059951_8253755.jpg


前日から仕込みを初めて、途中まではとても良い感じで出来上がりが楽しみだったのだけれど、実際に食べて見ると期待ほどではありませんでした。完全に失敗です。

e0059951_8255619.jpg


バターライスの代わりに付け合わせた温野菜のサラダは自炊の定番です。暇なときに大量に作って冷蔵庫に保存。そのままサラダとして食べても良し、スープの具にするのも良し、オムレツに入れたりもします。こうやって、なるべく野菜を取り入れるようにしています。
[PR]

by mollendo | 2011-01-29 08:27
2011年 01月 08日

豚骨ラーメンに挑戦

私の地元三重県には2件お薦め豚骨ラーメン店があります。津市の「博多一丁」と四日市市の「なみへい」、他にも良い店はありますが、この2店が三重における双璧でしょう。ラーメン不毛の地である三重県に本場の味を知らしめた両店の功績はとても大きいと思います。そこで私も、博多の味をここリマで再現してみせようじゃないかと意気込んでみることにしました。三重県人なんですけどね。

e0059951_657757.jpg


結果が今ひとつだったので材料と作り方の詳細は割愛しますが、現時点での推論として、材料のゲンコツが原因のひとつになっているのではないか、自分の腕を棚にあげて、そう考えてます。豚の品種、環境、飼料等が豚の骨にまでどう影響を与えるのか私には分かりませんが、例えば、牛肉の味が、穀物で育った牛と牧草で育った牛とでは違うようですし、食べ物の影響は、肉よりはむしろ骨髄により強く凝縮されるはずです。市場で買ったゲンコツの豚がどんな環境でなにを食らって育ったのかはちょっと想像したくありません。

さて、不味い自作ラーメンを食べた翌日、口直しのために、近所の和食材スーパーでインスタントの豚骨ラーメンを購入しました。香港製です。値段はおよそ100円と手頃であります。袋にはちゃんと「九州豬骨濃湯麺」と書いてあります。自家製麺が残ってますので、今回はスープのみを利用します。トッピングには叉焼とネギ、やはり和食材スーパーで購入した紅生姜。

e0059951_6573843.jpg


e0059951_6575910.jpg


そして、味のアクセント付けに投入したのが自家製マー油です。作り方は簡単。ラーメンの他にも色々と使い回しが出来そうです。主役となる材料は炭化したにんにくですが、同じように炭化させた白葱や生姜を加えても良いようです。私が参考にしたサイトではサラダ油を使ってましたけど、ラードの方が出来が良くなると思います。以下、そのサイトです。

http://razza.naganoblog.jp/e76710.html

e0059951_6574913.jpg


先にも書きましたが、今回の豚骨ラーメンは旨みどころか拙劣さのみが際立った散々たる結果となりました。「コラーゲンたっぷり濃厚豚骨ラーメン」を目指したつもりなんですけど、出来上がった代物は、「異臭漂うドロドロ系豚骨ラーメンもどき」です。次回のラーメンは、豚ガラと豚頭でチャレンジしてみます。それにしても、ガス代がもったいなすぎます。
[PR]

by mollendo | 2011-01-08 07:02
2011年 01月 02日

平成23年元旦

明けましておめでとうございます。今年は中華麺で元旦を祝ってみた!

世界が平和でありますように…

平成23年元旦

e0059951_146587.jpg

[PR]

by mollendo | 2011-01-02 01:46
2011年 01月 01日

醤油ラーメンもどきに挑戦

こんにちは。

昨日より一晩寝かせた麺は熟成して良い感じに出来上がってます。麺の次はスープです。昨日の午後より仕込みを開始しました。今回は面倒だったので近くのスーパーで手に入る材料のみを使用してます。次に備え基準となる値が欲しいので材料は出来るだけ少なくしました。かなり本気です(笑)。

鶏ガラ(1羽分)
鶏の腿(2本)
玉ねぎ(1個)
にんじん(1本)
ネギ(数本)

上記材料を夜を挟んで合計約8時間煮込みました。スッキリしているのだけれども旨みはしっかりと出ている淡麗系のスープを目指してみます。魚介の風味も欲しいのですが、我が家に煮干やかつお節はありませんので、粉末だしを水で割ったもので代用することにしました。具は、ネギ、チャーシュー、煮玉子です。

e0059951_5462634.jpg


完成したラーメンを早速食べてみます。

まず、雑味が感じられスッキリしてません。雑味があってもそれを上回る旨みさえあればその雑味もラーメンの風味となると思うのですが、このラーメンからそのような旨みを感じることが出来ません。早い話、あまり美味しくありませんでした。

e0059951_5464053.jpg


ところで、いやらしい広告を全て削除したついでに、弊ブログに張ってある数少ないリンクを確認してみましたところ、親サイトである「モジェンドのページ」がいつのまにか消滅していました。そのサイトを置いていた無料サーバーのサービス停止によるものです。ブログやSNS全盛の今、個人サイトを置く簡易的な無料サーバーの需要があまりないのでしょう。時代の変遷を感じさせます。

次回は「コラーゲンたっぷり濃厚系豚骨スープ」に挑戦します。
[PR]

by mollendo | 2011-01-01 05:54
2009年 05月 13日

ホテル併設のレストラン

イキケでおそらく一番高級と思われるイタリア料理店へ散財覚悟で行きました。もっとも、「一番高級」といっても、事前に下調べをしましたので、単身赴任風情の筆者でも少々無理をすれば行ける店だというのは最初から分かってました。

本当はトマトソース仕立てのスパゲティーを食べようと思っていたのですけど、たまには変わったものをと思い、「海鮮とウニクリームのスパゲティー」を頼んでみることにしました。

e0059951_1433961.jpg


過剰な期待はしてませんでしたが、ショッピングモール内のフードコートで出されるつくり置きのミートソーススパゲティの方が美味しいというのはどういうことなんでしょうか。これで1000円以上するのですから全くの反則ですよ。

この店はテラド・ホテルという五つ星ホテルの一階にあります。五つ星ホテルなど筆者には死ぬまで縁がないような場所かも知れませんが、フロントで値段だけ聞いてみました。シングルルームでおよそ100ドル。200ドル以上するんじゃないかと想像していたので以外と安く感じましたが、それでも高いですね。

レストランでは一応、そんな五つ星ホテルの雰囲気を味わうことができます。給仕のサービスは折り目正しく、テーブルから見える眺めはとても良いです。

e0059951_143244.jpg


イキケでの暮らしもそろそろ終わりに近づいてきました。もう食事に困ることはないでしょうが、こんなどうしようない食事でも、懐かしく思い出されるときが来るのだろうと思います。もっとも、この国の食事のまずさはそんな情緒的なものではありませんが。

--

Casa Blanca 
Los rieles 126 
488000 

TERRADO HOTELES
http://www.terrado.cl/prontus_terrado/site/edic/base/port/inicio.html
[PR]

by mollendo | 2009-05-13 01:45
2009年 04月 25日

TRATTORIA MACCHIAVELLO

チリにいて不思議なのは、いや、なにもチリに限った話ではなくて、中南米の多くの国が同じような事情を抱えていると思いますが、イタリア人やスペイン人といった、その道のオーソリティーを移民として多く受け入れている割には、食べ物が不味い、ということです。

南欧の悪しき習慣だけが現存し、どうして彼の地の素晴らしい(と筆者が思い込んでいるだけかも知れませんが)食文化が受け継がれなかったのか、ということも不思議です。もっとも、初期の移民たちは生活に追われ、グルメどころではなかったに違いありませんが、そのDNAさえも、チリにおいては完全に断ち切れてしまったのではないかと思います。

もしかすると、移民たちは、その苦辛のなかで、美食にうつつをぬかさない質素さを学びとったのかも知れませんが、チリ人を見ていると、食べ散らかし、立ち食い、食べ残し、つまみ食い、それと大食い、飽食の日本から来た筆者でさえも眉をひそめたくなるような質素とはかけ離れた光景を見かけることが多いから、どうやらそうでもなさそうなのです。

以前行ったことがあるTRATTORIA MACCHIAVELLOというイタリア料理店。名前だけは立派なんですが、食事はとんでもないもので、注文して運ばれてきたスパゲティーを一口すすり、驚いてしまいました。百歩譲って、麺が作り置きなのは良しとします。ソースがたぶん出来合いなのも、愛嬌といえるかも知れません。しかし、そのスパゲティーは、麺もソースも、まともに温め直した形跡がほとんどありませんでした。

作り置きの麺と出来合いのソースを使っていることだけでも、イタリア料理店にはあるまじき非常識な手抜きといえるのに、猫舌のチリ人からでさへ苦情が出そうな料理を平気で出す神経は、もう味云々を超えたものです。最後まで温めるんが面倒だったのか、あるいは、東洋人に西洋の味が分かるまいとなめられてしまったと思うのは考え過ぎでしょうか。

チリは「電子レンジ」もないほどに貧しく遅れているのか

といやみのひとつでも言って帰ってしまいたかったけど、空腹だったし、だいたい食事を残すのはもったいない。またけんか腰で温め直してもらっても、スパゲティーに鼻くそでも仕込まれたらたまりません。そこで、すいません、温め直してもらえませんか、と平身低頭でお願いして、以外にも、「あらそう」とにこやかに応じてくれた女中の可愛い笑顔に気を取り直し、湯気を上げながら再び運ばれてきたスパゲティーを平らげました。

これは安食堂の話ではありません。至極結構な人種の集まるイキケでは高級の部類に入る店での話です。周囲の人が食べているピザは結構うまそうでしたから、スパゲティーを頼む人はほとんどいないのかも知れません。
[PR]

by mollendo | 2009-04-25 20:32
2009年 04月 24日

Picante a la tacneña

早いものでもう週末です。

先週末は、ぺルー側国境の町タクナへ行ってきました。 イキケを午後3時半に出発し、現地に着いたのが午後8時半頃。チリとぺルーには1時間の時差がありますので、6時間かかったことになります。ちょっと長い旅行ですが、週末をつぶすにはちょうど良いかも知れません。

タクナでは、いつも寄るダヴィンチという店で食事をしました。食べたのは魚介のスパゲティーとサラダ。ちょっと高いですが、味は申し分ありません。満腹になって店をでると、ちょうど通りを挟んで正面に、虹色の布にぐるぐる巻きにされた赤ん坊を傍らに置く若く貧しい母親が、何をするでもなく座り込んでいました。

e0059951_6204672.jpg


翌日のお昼、タクナでは有名なペルー料理のCaciqueという店へ。休みのお昼時になると、地元の人々とチリ等から来る観光客でいつも賑わってます。その店では、いつも頼むことにしている、ピカンテ・ア・ラ・タクネーニャという、ジャガイモとモツの煮込み料理を食べました。

これ非常にうまいです。ご飯でも良いけどパンにも良くあいます。欲を言えば、もう少しモツが、トロトロになる位に柔らかく煮込んであって欲しいですが、このままでももちろん素晴らしい味です。

El Cacique Picantería
José Rosa Ara 1903 Tacna
52- 414582

e0059951_6211962.jpg

[PR]

by mollendo | 2009-04-24 06:22
2009年 03月 26日

上海楼

昨日も行ってきました(笑)。回鍋肉と海老炒飯を食べましたが、回鍋肉は前回食べたものよりも脂っこく感じました。魚のすり身等、他にも気になるメニューがあります。フカヒレスープが1800ペソ(300円)でメニューに出ていたので、すかさず注文しましたが、あいにくフカヒレを切らしているとのことでした。

上海楼は、ご夫婦による経営です。お二人のやりとりを見ていると、息の合ったユーモラスなかけあいが、まるで夫婦漫才のようで、そのおしどり夫婦ぶりに、とても心が和みます。増々繁盛して欲しい店だと思います。

Av. Arturo Prat 3012
Tel: 766883

e0059951_0383880.jpg


e0059951_039163.jpg


e0059951_041527.jpg

[PR]

by mollendo | 2009-03-26 00:41
2009年 03月 24日

お久しぶりです。

こんにちは。

長らく更新をしていない間、例によって色んな場所で食事をしましたが、以前に比べて行く場所が限られてくるようになってきました。最初旨いと思った店でも、繰り返していくうちにあらが見えてきて足が遠のいてしまうこともありましたし、イキケで暮らし始めた頃のような冒険心がなくなり、勝手知ったる店で無難に済ませてしまうことも多くなった、というのが理由のようです。

そうやってマンネリ化しつつある筆者の食生活なんですが、そんななかで最近になって開拓した店を二件ご紹介します。

一件目は、存在だけは知っていたが、そこにレストランがあるとは知らずにいた場所です。太平洋に突き出た半島の先端にその場所はあります。クラブ・ナウティコというヨットクラブ、レストランはその二階にあります。店名も同様に、クラブ・ナウティコと言います。

e0059951_771983.jpg


ロケーションは最高です。半島の先端にありますから、海沿いのテラスに席をとれば、イキケの海岸線を一望しながらの食事が出来ます。店員の教育も行き届いている様で、とても親切に対応をしてくれます。

e0059951_791059.jpg


シーフードレストランなので、本来ならば魚介料理を頼むべきなのでしょうが、これまで魚料理で良い思いをしたことがないので、肉料理を頼みました。しかし、現地在住日本人からの評判を聞きつけた上で行った店だったので、魚介料理に挑戦するべきだったと少し後悔しています。

e0059951_793011.jpg


二件目、次に開拓した店は、上海楼という中華料理屋です。ここは、開店したばかりであり、店の前を普段から良く通りかかっていたので気になっておりましたが、中華ならば行きつけの店がありますので、あえて冒険はせずにいました。しかし、ものは試しにと行ってみたのが、今から二週間位前のことです。

まず、味云々の前にとても驚いたことがあります。その店の店主は、なんと日本語を少し話すのです。東京でしばらく働いていたことがあるのだとか。反対に、スペイン語は全く話せません。チリにやって来て三ヶ月しか経たないそうですが、それでも立派に商いをやっておられるのだから大したものです。

辛いものが食べたい、と言った筆者に、すすめてくれたのは回鍋肉。まだチリに毒されていない、本物の中華に極めて近い味でした。一緒に頼んだ炒飯も同様です。後日、青椒肉絲、豚肉、椎茸、竹の子の炒め物、また、焼きそばも試してみましたけど、未だチリ人の味覚に迎合していない純粋な味で、どれもが素晴らしかったです。

店主にとってはお気の毒ですが、彼にはこのままスペイン語を話せずいてもらい、チリ人の嗜好に気がつかないまま、日本人のために旨い中華料理をつくり続けて欲しいものです。料理の写真は後日掲載します。

これからご旅行等で来られる方のために、場所は、Playa Bravaの正面辺り。にぎやかな飲み屋が集まっている地帯です。中国風の店舗なのですぐに分かります。実は住所を控えるのを忘れてます。料理の写真とともに、後日掲載します。

--

Club Náutico
Los Rieles 110
Tel: 43-2896
[PR]

by mollendo | 2009-03-24 06:59