カテゴリ:食料品( 6 )


2009年 05月 24日

NISSIN CHOW MEIN

こんにちは。ぺルーに帰ってきました。

e0059951_6424046.jpg


久しぶりに行った地元スーパーのWongで見つけました。北米で展開されてるらしい日清の即席焼きそば(NISSIN CHOW MEIN)です。当然、迷わずに購入しました。味は、海老入り、野菜入り等、色々とありどれも美味そうに感じられ悩ましいところですが、今回選んだのは、ナッツ入りタイ風焼きそば(THAI PEANUT FLAVOR)です。良く分かりませんが、もの凄く期待できそうです。

次に、精肉コーナーで衝撃の商品を見つけました。それはなんと、和牛です。Kobe Beefだそうです。もちろん霜降りです。うまそうですが、値段もそれなりです。現地通貨でキロ457ソレス、日本円で約1万5千円です。津の朝日屋へ行けば、松坂牛の新鮮なまあまあ良いのでさえ、キロ7千円で買えるというのに、倍以上の値段が付けられてます。もちろん、試してみたい気持ちもあるんですが、たとえ100グラム単位で売ってくれたとしても、ちょっと手が出ない値段です。

e0059951_6462922.jpg


さて、家に帰って、Wongで手に入れた焼きそばを試してみます。筆者は最初、器に注いだ熱湯を湯切り口から捨てる従来からあるタイプのものだと思っていたのですが、そうではなくて、器に水を注ぎ電子レンジで調理するタイプのものでした。肝心の味はどうかというと、特に美味くはないですが、ぺルーの食事に飽きたときに食べるには、値段(約200円)も手頃ですし、ちょうど良いのではないかと思います。

e0059951_6472884.jpg


e0059951_6482163.jpg

[PR]

by mollendo | 2009-05-24 06:52 | 食料品
2006年 05月 16日

ピビンバ

3月に日本へ帰国した知人の置き土産です。

e0059951_57467.jpg


レトルトの具をそのままご飯にのせて食べる通常の方法と、フライパンでご飯を炒めその上からレトルトの具と卵をのせてかき混ぜる石焼ピビンバ風の仕上がりとなる方法がある、と袋の説明に書いてあったので、石焼風を試してみることにしました。

Hさん、どうもありがとうございました(見てないだろうけど)。

e0059951_572525.jpg


上の写真、どう見ても石焼ビピンパに見えません。いやそれどころか、まともな食べ物に見えません(笑)。

味はとても良かったですよ(Hさん)。
[PR]

by mollendo | 2006-05-16 05:08 | 食料品
2006年 04月 19日

うな丼

たまには良いこともあるらしいです。

というのも、先日、慰問のため我がアジトを訪れて下さった日本からの知人より、なんと!、うなぎ蒲焼きのレトルトをお土産としていただいてしまったのです。暖かい心遣いに感謝です(T氏)。

いただいたうなぎはしばらく温存しておくつもりでしたが、情けないことに我慢が出来ず、昨日、早速食べてみることにしました。袋の説明通りに、オーブントースターで腹面を3分間、次に、背面を1分間あぶります。付属のタレをかけた炊きたてのご飯にうなぎの切り身を奇麗に並べ、その上から余ったタレをかけます。

そして、出来上がったうな丼を、

うなぎだけ
タレがからんだご飯だけ
うなぎとご飯

それぞれを順番に頬張ります。口休めに漬け物と肝吸いが欲しいところですが、ここはペルー、ウナギを食べることが出来るだけで有り難いと思わないといけません。それにしても旨い。至福の時間です。

間もなく、アジトに住み着くペルー人が近づいてきました。

「セニョール、なに食べてる?」

「あ、これ、アンギーラ(西語でうなぎの意)。怪獣みたいな名前でしょ。味も怪獣の肉みたいで旨くないよ。じゃあね」

とは言ってませんが、いつもならば分けてあげるところを、今回ばかりはお引き取り願いました。

最後に、夢中になって食べすぎて、タレ袋の上に山椒の小袋が引っ付いるのに気がつかなかったことが、とても悔やまれます。

e0059951_136532.jpg


筆者お薦めのうなぎ屋
●かねぶん
http://www.hamanako.com/unagi/shop/shop12.html
[PR]

by mollendo | 2006-04-19 01:37 | 食料品
2006年 04月 17日

チンギリート

お早うございます。

以前、コメント欄で触れたことがあるペルーの干物、チンギリートを手に入れましたのでご紹介します。

写真の通り、見た目はさきイカにそっくりですが、味もまた、さきイカに酷似しております。酒のつまみとして、マヨネーズと唐辛子をつけてそのまま食べてもいけますが、サラダに加えたり、少しもどして炒め物に入れても旨いかも知れません。ペルーでは、セビーチェ(ライム汁のマリネ)やスープの具として用いるようです。

チンギリートとは、ギターラ(スペイン語でギターの意)という名の魚の干し肉を裂いたもののこと。ペルー北部(恐らくチクラーヨ)の特産ですが、リマの市場でも売られていると思います。

e0059951_2317579.jpg

[PR]

by mollendo | 2006-04-17 23:20 | 食料品
2006年 01月 25日

ランチョンミート

以前から食べてみたかったもの。ランチョンミート。

日本では沖縄で多く消費される。
スパムメールの語源となった。

等の知識しか持ち合わせていない筆者です。ペルーでは、ここリマのスーパーマーケットで中国製のものを時おり見かけることがあったのですが、以前チリで購入したコンビーフのとてつもない不味さに驚いたことがあったので、購入は見送っておりました。

しかし先日、リマ市内の輸入食品店へ言ったとき、やはり中国製ですが日本語で「ポークランチョンミート」という表示があるランチョンミートを発見。どうしようか迷いましたが、その日本語表示に引かれて買ってしまいました。そして、家に帰って薄くスライスしたものをフライパンで炒めて試食してみました。

さて味ですが。

まずぅ・・・。

なんと言いますか、独特の癖があります。ネットで調べてみると、定番のブランドがあるらしいですから、筆者が買ったランチョンミートが特別なのでしょうか。

e0059951_4174944.jpg

[PR]

by mollendo | 2006-01-25 04:21 | 食料品
2005年 12月 21日

戦利品

日本食材店SUPER NIKKEIでの戦利品です。戦利品というと誤解を招きそうですが、決して万引きしてきた訳ではありません。

醤油ラーメン(1袋) 
みそラーメン(3袋)
ソース焼きそば(3袋)
ネギ
醤油(卓上サイズ)
とろけるハヤシ(ハヤシライスの素)

たったこれだけのものを買って、合計額は67.45ソレス(邦貨でおよそ2300円)でした。

□来年の目標

日本食貧乏からの脱却

e0059951_685245.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-12-21 06:10 | 食料品