<   2005年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 29日

きんぴらごぼう

ペルーでもごぼうは簡単に手に入ります。というわけできんぴらごぼう。肉をいれようか迷いましたが面倒なのでやめておきました。筆者は肉入りの方が好きなのです。

e0059951_831728.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-09-29 08:07 | 料理
2005年 09月 17日

きつねそば

もたれ気味の胃にはさっぱりときつねそばです。麺は乾麺、おつゆはビン入り濃縮を使用。油揚げのみ醤油、料理酒、砂糖、粉末だしで味付けしました。まったくの手間要らず。濃縮つゆは海外暮らしの強い見方であります。

e0059951_542921.jpg


どんぶりは日本から持参したプラスチック製です(100円ショップ)。
[PR]

by mollendo | 2005-09-17 05:43 | 料理
2005年 09月 15日

焼豚

焼豚をつくりました。材料と作り方は最も一般的だと思われるものをネットにて調べました。ただ、煮汁にはにレシピにあった材料の他に赤みそを加えてあります。仕上げとして、調理済みの肉を煮詰まった煮汁と一緒にフライパンで焦げ目がつくように焼きあげました。

焼豚と聞いて思い出すのは中学生か高校生の頃、悪友達と通ったラーメンキングという店です。その店にはラーキン丼という焼豚丼の名物がありました。夜中、徹マンの最中等に小腹が空くと、そのラーキン丼目当てに深夜営業のラーメンキングへパッソル(タクトだったかも)にまたがり走ったものです。

あの頃、学生らしくもう少し真面目に勉学に励んでいたら、平々凡々ながら少なくとも今よりはまともな人生を選ぶことができたかも知れません(笑)。そしてとどのつまりは、こうやってペルーまで来ることにもならなかったと思います(笑)。

e0059951_4114094.jpg


思いついて「ラーキン丼」をキーワードに検索をかけてみたら意外にも4件出てきました。
[PR]

by mollendo | 2005-09-15 04:56 | 料理
2005年 09月 08日

ハンバーグ

何をかくそう筆写は30代半ば、正真正銘のオッサンなのですが、ちびっ子向けの食べ物が大好物であります。コロッケ、カレーライス、オムライス・・・そしてハンバーグ。先日、久しぶりに食べたくなりましたのでつくってみることにしました。付け合わせには、にんじんのグラッセとふかせイモ(粉ふきイモ)。

感想

日本のファミリーレストランで、ハンバーグ定食の平皿に盛られた「ライス」を箸でガツガツと食べたくなりました。

e0059951_2318414.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-09-08 23:19 | 料理
2005年 09月 05日

鶏肝の煮付け

ねっとりとした濃厚な舌触りが何とも言えません。酒の肴として良し、ご飯のおかずとしても良しです。家庭の味。

e0059951_1223096.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-09-05 01:23 | 料理
2005年 09月 03日

伊麺族

中華街のHong Kong Marketという輸入食品店で購入したインスタントラーメンを食べてみることにします。製品名は「伊麺族」です。美味しそうですねー。早く食べたいです。

e0059951_131120.jpg


内容物は、麺、粉末スープ、液体スープの3点。日本のインスタントラーメンと変わりません。ただ、液体スープが固形化しています。元々そういうものなのでしょうか。気にせずに調理を始めましょう。インスタントラーメンと言えば3分が基本だと思うのですが、この「伊麺族」はわずか1分で調理完了です。器に移した後に粉末・液体スープを加えると書いてありますのでその通りにします。

e0059951_133015.jpg


さて、味ですが、どうなんでしょうか。担々麺なのか、台湾ラーメン(名古屋名物)なのか、微妙なところです。また、そのままでははっきり言って美味しくなかったというのが正直な感想です。

e0059951_134522.jpg


パッケージの写真のように、肉味噌等でトッピングすれば、かなり美味しく食べることが出来るのではないでしょうか。炒めたニラをのせれば更に良さそうです。
[PR]

by mollendo | 2005-09-03 01:07 | 料理
2005年 09月 02日

メロの煮付け

リマにも小さな漁港があります。昨日、その漁港に隣接する市場をフラフラッと訪れメロという魚を一匹手に入れました。メロは、日本でいうところの、クエのような、ハタ科の魚です。クエのように大きくもなり、時おり1メートルもあろうかと思われるメロがスーパーの鮮魚コーナーに横たわっていたりします。あいにく調理前の写真を撮り忘れてしまいました。

さて、そのメロですが、自宅に持ち帰り煮付けにして食べることにしました。裂けたお腹からはみ出してきた大きくて美味しそうな肝も一緒に調理しました。醤油や砂糖をつぎたしていくうちにいつの間にかメチャクチャになってしまう筆写作の煮付けなのですが、昨日は珍しく美味しく出来上がったと思います。

肝は、食べてみましたが、苦みが強くて美味しいというものではなかったです。しかし身の方は、やはり煮付けにすると美味しい日本のアイナメやメバルと比べても遜色ない味でした。

e0059951_0524958.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-09-02 00:55 | 料理