<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 22日

ハヤシライス

日本食材屋NIKKEIで手に入れた「とろけるハヤシ」を使いハヤシライスを作って食べてみることにしました。ちなみに、とろけるハヤシ一箱の値段は日本円で約630円。箱裏面の能書きにはルウ半量で4皿分が調理可能と書いてありますから、1皿分の値段は約79円です。ペルーにおいて、ハヤシライスとしてのこの値段は安いか高いか。良く分かりませんが、性格が更にしみったれてしまいそうなので、考えるのはやめておきましょう。

e0059951_6292783.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-12-22 06:30 | 料理
2005年 12月 21日

戦利品

日本食材店SUPER NIKKEIでの戦利品です。戦利品というと誤解を招きそうですが、決して万引きしてきた訳ではありません。

醤油ラーメン(1袋) 
みそラーメン(3袋)
ソース焼きそば(3袋)
ネギ
醤油(卓上サイズ)
とろけるハヤシ(ハヤシライスの素)

たったこれだけのものを買って、合計額は67.45ソレス(邦貨でおよそ2300円)でした。

□来年の目標

日本食貧乏からの脱却

e0059951_685245.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-12-21 06:10 | 食料品
2005年 12月 17日

牛肉とジャガイモの炒め

先日の「今日の料理」にて陳健一が紹介した美味しそうな料理を作ってみることにしました。以下は材料(括弧内は実際のレシピにあった材料)と作り方です。分量は全て適当です(笑)。

□下ごしらえ
牛肉の細切りに塩、胡椒、白ワイン(日本酒)にて下味をつける
ジャガイモは細切りにし冷水にさらしておく

□合わせ調味料
醤油
砂糖
レモン(酢)
白ワイン(日本酒)
胡椒
チキンスープ
*筆者は現地スーパーで購入した中華粉末スープを水に溶かしました

□他材料

ネギ
*在庫がなかったので入れることができませんでした
唐辛子
生姜

□作り方

1. 下味をつけた牛肉に、溶き卵、水溶き片栗粉、油少々を混ぜ合わせる

2. 沸騰した湯に油と塩を少々加え、冷水にさらしてあったジャガイモの細切りを熱湯に5秒くぐらせる

3. まずは弱火にて唐辛子を炒め、唐辛子の風味が油に移ったところで牛肉、ネギ、生姜を加え更に炒める

4. 肉に火が通ったらジャガイモを加える

5. 合わせ調味料を加え、最後に水溶き片栗粉でとろみをつける

さて、出来上がった料理ですが、色目が悪くて不味そうです。もちろん味も不味かったです。また、ジャガイモに火が通り過ぎて期待したシャキシャキとした食感がなくなってしまいました。テレビでは簡単そうだったのですが。うーん、陳健一。

e0059951_6591948.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-12-17 07:06 | 料理
2005年 12月 15日

揚げ出し豆腐

当たり前のことを書きますが、ペルーに居酒屋はありません。IZAKAYAという名の店はありますが、居酒屋とは名ばかりで、実際は普通の和食屋です。

居酒屋の定番料理と言えば揚げ出し豆腐だと思います。特に好んで食べるという訳ではないのですが、余ってしまいそうな豆腐が冷蔵庫にあったので、思いついて作ってみることにしました。

e0059951_116266.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-12-15 01:17 | 料理
2005年 12月 10日

カレーうどん

残りのカレーで作ったカレーうどん。約1カップしかなかったので、ちょうど良い量になるまでカレーに水を加えました。次に、本だしと醤油にて味付け。そして、水っぽくなってしまったカレーに水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。茹で上がったうどんをお椀にあけカレーつゆを注ぎ、最後に、やくみのきざみネギを振りかけて出来上がり。次回はカレーパンに挑戦してみましょう。

e0059951_4423391.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-12-10 04:47 | 料理
2005年 12月 07日

総菜屋の和風ローストチキン

こんにちは。昨夜、和風ローストチキンをつくりました。デパ地下やスーパーの総菜屋で良く売られている鶏のもも肉をつかった和風ローストチキンです。

ネットで調べたレシピによると、つけダレに長ネギを混ぜ合わせる方が良さげなのですが、あいにくと在庫がありませんのでネギ無しで我慢します。

□材料

鶏のもも肉
白ワイン
みりん
醤油
生姜

出来上がりは、鶏肉をつけダレでマリネする時間が限られていましたので、味が肉の内側までしみ込んでおらず、満足の出来る味とはなりませんでした。味のしみ込みを良くするために、爪楊枝でこれでもかと肉をつつきまわしたのですが、それでも駄目だったようです。一晩寝かせて味が馴染んだものをレンジにかけて食べれば少しは「惣菜屋風」に近くなったかも知れません。

e0059951_4283498.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-12-07 04:30 | 料理
2005年 12月 03日

炒飯

つくる頻度が最も高い料理は炒飯かも知れません。手軽で美味しく安上がり、まさに、安っぽい筆者のためにあるようなチープな料理です。

昨夜つくった炒飯の材料は、鶏肉、ベーコン、キャベツ、ニンジン、卵です。筆者はいつも、調理中に酒やワイン等の水気を加え、味の調整はもちろん、ご飯にふっくらした感じを与えてます(気のせいかも知れません)。

炒飯の具にこだわりはなく、そのとき冷蔵庫にあるものや気分によって材料が変わりますが、敢えて言うならば、豚肉とレタスの炒飯が好きです。牛肉、卵、ニンニクのスライスのみのシンプルな炒飯が気に入り頻繁につくっていたこともあります。

味付けには粉末ダシを。日によって、和風(本だし)にすることもあるし、中華(現地のスーパーで購入)にするときもありますが、本だしを入れることの方が多いと思います。

e0059951_543581.jpg

[PR]

by mollendo | 2005-12-03 05:45