<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 23日

ラーメン

先週末に作ったラーメンの紹介です。地上絵ラーメンではありません(笑)。

まず麺作りです。1時間寝かせた生地をパスタマシンにかけましたが、思わぬ落とし穴がありました。麺が切れないのです(涙)。麺と麺がくっ付いた状態で離れてくれません。一時はあきらめかけましたが、恐らく生地が柔らか過ぎた為に違いないと思うこととし、気を取り直しもう一度生地を作りました。

2回目の生地は、前回たまごを2個入れたところを1個に、水は同量で試してみます。生地同士がつながらずゴワゴワしたままですが、約30分近くこねた結果、ようやくまとまってくれました。前回よりもかなり固めの生地です。1時間寝かせた後、パスタパシンにかけてみます。

ところが、やはり切れてくれません。しかしよく見ると、所々切れている部分があります。切れていない部分も薄皮一枚でつながっている様な状態であり、もう一息といった感じです。生地を乾燥させ更に固くするために、延ばした生地を30分程度放置したり、そして、その生地に多めの打ち粉を振りかけたり、刃のローラーを回す速度に強弱をつけたり、色々なことを試しましたが麺は完全に切れてくれませんでした。そこで、仕方がないので麺と麺を1本ずつ剥がす作業を行うこととなりました。やれやれです。

e0059951_539466.jpg

(写真1)まだ麺がつながっている部分があります。

次にスープです。今回のスープは、豚の足の骨(げんこつ)と鶏ガラを使用します。加えて野菜等を、ネットで見つけたレシピの指示通り順番に投入していきます。そうこうしながら、午後1時頃開始したスープ炊きが終了したのは午後6時半頃。スープのみ試飲してみると、やや薄味かな、と心配になりました。

e0059951_5422432.jpg

(写真2)ゲンコツです。良いスープがとれそうです。丹念に水洗いしてから湯通しをし、再び流水にて水洗いしたものを使用します。

さて、出来上がったラーメンを試食した感想ですが、スープのみ試飲した時の印象とは裏腹に、そうとう濃厚な味に仕上がってます。臭い、といっても良い程で、かなり不味いです。まさに、得体の知れないラーメンです。そして麺は、茹でたら太くなってしまいまるでうどんです。今回は完全な失敗でした。上手に作れるようになったらレシピもご紹介したいと思います。

e0059951_5441861.jpg

(写真3)「得体の知れないラーメン」完成!
[PR]

by mollendo | 2006-02-23 00:42 | 料理
2006年 02月 22日

地上絵ラーメン

こんんちは。

友達のshinoさんより、地上絵ラーメン試作品の写真を頂きました(笑)。
旨そうですねー(笑)。

地上絵ラーメン・マチュピチュ盛り©shino

e0059951_0253410.jpg

[PR]

by mollendo | 2006-02-22 00:23 | 料理
2006年 02月 16日

パスタマシン

やっぱり買ってしまったよ(笑)。

e0059951_5524114.jpg


値段は20.90ソレス(およそ750円)でした。
あまりに安いのも心配ですね。希望通り機能しなくても、安かったので良しとしましょう。

e0059951_5531554.jpg


上の刃でラーメンを。1.5ミリ位でしょうか。下の刃ではきしめんができそうです。

今週末が楽しみであります。

□今日のひと言

Lo barato sale mas caro(安もの買いの銭うしない)
[PR]

by mollendo | 2006-02-16 05:55 | 料理
2006年 02月 15日

生春巻き

お早うございます。

以前から気になっていたベトナム製のライスペーパーを試してみることにしました。まずは生春巻き。ライスペーパーは乾燥した状態になってますが、水分を加えて柔らかくします(霧吹きを利用すると良いらしい)。細切りニンジン、アスパラガス、鶏のササミを塩ゆでし、水を含んで柔らかくなった皮で巻いただけです。

エスニック風のタレを作ろうかとも考えましたが、面倒だし材料がありません。ですから醤油をつけて食べました。旨くもなし不味くもなし。

e0059951_2340312.jpg

[PR]

by mollendo | 2006-02-15 23:42 | 料理
2006年 02月 14日

手打ち中華麺2

中華麺を作った翌日に試食してみました。

・醤油
・塩
・砂糖
・酢
・ごま油
・にんにく
・だし汁

上記材料にて簡単なタレを作りました。スープのベースは市販の粉末鶏ガラです。麺を2分程ゆでて食べてみましたが、スープの味はインスタントラーメンのようで意外と美味しかったです。

麺は・・・太さが揃ってないのは良いとして、中には麺が団子になっている部分もあったりします(涙)。パスタマシンが欲しい・・・。次回はスープ作りに挑戦です。

以下、ラーメンの写真です。

e0059951_23593711.jpg

[PR]

by mollendo | 2006-02-14 00:00 | 料理
2006年 02月 10日

手打ち中華麺1

リマのスーパーマーケットで中華麺は普通に売られております。何回か買って食べてみましたが、全く腰のない、日本の中華麺とは似て非なるもの。だったら自分で作ってみようと思い立ちました。

ネットにあるレシピを参考にすると、中華麺を作るには、どうやらカン水というアルカリ性の液体が必要らしいのですが、ペルーで手に入れるのは難しそうです。そこで、ネットにて色々と調べてみた結果、カン水なしのレシピを発見しましたので参考にしてみることにしました。

レシピには、強力粉と薄力粉を混ぜ合わせるとあります。しかし、それらをスペイン語で何というのか筆者には分かりませんし、そもそもそういう小麦粉の種別がペルーに存在するのかも不明です。スーパーへ行くと、"HARINA PREPARADA"と"HARINA SIN PREPARAR"という2種類の小麦粉が並べられてますが、スペイン語の語意からして、強力粉と薄力粉の識別ではないと思います(どなたか教えて頂けないでしょうか)。良く分かりませんので、今回は"HARINA SIN PREPARAR"の方を使ってみることにしました。

以下、ネットのレシピを参考にして筆者が準備した材料です。

e0059951_2284932.jpg


小麦粉(HARINA SIN PREPARAR):400グラム
塩:約6グラム
水:100CC
卵:2個
小麦粉(打ち粉)

e0059951_2312737.jpg


作ってみた後の感想は、まず、麺棒にて、奇麗な形を保ちながら均等の厚さに延ばす作業、そして、延ばした生地を折り畳んで同じ太さに切り分ける作業は、当たり前のことなのですが、とても難しいということです。こればかりは熟練度を高めるしかないのだと思います。

e0059951_2321137.jpg


最初の段階で丸めた生地を4等分位に小さく分けてから延ばしにかかるほうが恐らく作業がやり易い、また、延ばしている間に生地が作業台(テーブル)にくっ付く部分が引っかかりしわになってしまうということがあったので、打ち粉を多めにむらなく振る、その辺りを念頭に入れながら再度挑戦してみたいと思います。

さて、出来上がりは、中華麺、うどん、きしめん、スパゲティーが混ざり合ってる散々たる結果となりました。熟成をさせるため丸一日放置する方が良いとありますので、昨夜仕上げた麺はちょうど今夜食べごろになります。

e0059951_2324718.jpg

[PR]

by mollendo | 2006-02-10 02:36 | 料理
2006年 02月 01日

味付けたまご

インスタントラーメンの具にするつもりで2個作ったのですが、ビールのつまみに全部食べてしまいました。

たまごはちょっとゆで過ぎ。黄身の半分がとろっとなる程度の半熟が良かったです。次回がんばります。

e0059951_5465180.jpg

[PR]

by mollendo | 2006-02-01 05:47 | 料理